「受講後の勉強あれこれ」カラーの資格を仕事に変える・その4

カラーセラピー…カラーセラピストは「一生勉強が続く」奥深いものです。
が、資格取得後はまず、
1)学んだカラーセラピーの手順
2)学んだカラーセラピーの使用色の意味
この2つを「自分で覚えて、使う側に立つ」ことから始まります。「みんなどうやって勉強してるのかな?」
と気になる方も多いようですので、一部ご紹介です☆

資料やテキストを繰り返し読む

 

ノウハウを覚えるためには、受講後に繰り返しテキストや資料を見る必要があります。

でも、テキストや当校資料のA4サイズは「持ち歩くには大きい」と感じる方が多いようです。

カラーセラピーの勉強

A4 の当校資料を縮小しB5(A5?)ノートに貼り、持ち歩いてくださってます。

 

ノート1冊に「自分が必要なページだけ」を貼れば手軽でいいですね!

リュッシャーのプロトコルフォーム(A4)をA5に縮小して持ち歩いている方も多いですが、「自分に適したサイズ」アレンジは良いアイディアですね!

 

カラーセラピーの勉強

色の意味の勉強会資料も縮小☆

 

 

テキストを(縮小せず)そのままファイリングする場合も…

色の意味の復習

折りたたむと封筒大になるファイル。小さめバッグにも入れやすい。

 

通勤電車の混雑時も「ちょっと開いて確認」ができるそうです。ステーショナリーの工夫は楽しいかも。

わたしは「テキストをそのまま持ち歩く」ことに疑問を感じない(工夫しない)タイプだったので、生徒さん方の「工夫」にはいつも感心しております^^

実践し始めると「見やすさ」を追求し始めます

 

いざ、テキストや資料に助けられながらカラーセラピーを練習し始めると、
「セラピー中に、ページをバサバサめくるのは抵抗がある」
「自分が使いやすい色の意味、使いにくい意味があるなぁ」
など、「自分のこだわり」「自分のスタイル」が生まれます。

資料やテキストを「こだわり」「スタイル」に合わせてアレンジすれば、カラーセラピー中も慌てず確認できます。

 

アヴァターラカラーセラピー

当校が配布している「アヴァターラ色の意味」を一覧に作り替え☆アヴァターラは17色(テキストも17ページ)。当校が差し上げているオリジナル資料でも3ページあります。
上の写真の生徒さんは当校資料3ページの内容を「一覧」にしております。

自分のノートに数ページにわたり「色の意味」を書き出す方も多いので、ご自身の使い勝手がよいスタイルでどうぞ☆

 

テキストや資料を「自分が使いやすいようにカスタマイズ」することで、「知識を自分のものにして、使いこなす側に立つ」第1歩が踏み出せます。実際の「使い勝手」より、この第1歩を踏み出す方が大切なのです☆

 

講座でお渡ししているテキストや資料だけではなく…

色の意味と色彩象徴

当校サイトの「色の意味」をプリントアウトして、ノートの表紙に貼ってくださってます。

>>色の意味と色彩象徴

ボキャブラリーをもっと増やしたい!…と思い始めたら、テキストや資料を越えたさまざまな「知識」を借りてみましょう。

多用な角度から色の意味を知り、楽しみながら「色と心を使う側としてのスキル」を培ってくださいね^^

 

 

当校ではアフターフォローも各種ございます。

>当校履修生対象)「無料フォローアップ」
>当校他校履修生対象)個別フォローアップ

「色の知識を更に深めたい」「他のセラピストさんがどういう活動をしているのかも知りたい」ような方は勉強会もご活用ください。
>当校他校履修生対象)カラーセラピスト勉強会

 

 

 


 

 

spform1
東京のカラーセラピーサロン&スクールWHITE-TARA

広告