カラーヒーリングあれこれ

先日のカラーセラピスト勉強会でも「カラーヒーリング講座」を開催しましたが、ちょっとまとめておきます。

クロモテラピー「色光療法」

当校でも教えているルネッセントやインティライトは「色光療法」「クロモテラピー」「ライトセラピー」などと称される、代表的な「カラーヒーリング」手法です。

色光療法ルネッセント&インティライト

光療法の手法は「室内灯の普及」と「ガラス工芸技術の歴史」にリンクします。
1) 元は「日光浴(光源→太陽/ダイレクトに全身で浴びる)」。
2) 神殿の壁に色ガラスをはめ込み、色光を浴びる。(当時、大判板硝子は制作できません)
3) 19世紀セス・パンコーストが「光源→太陽/天窓の色ガラス/ダイレクトに全身で浴びる)」
4) エドウィン・バビットは「光源→電球/色フィルター(おかげで色々な色が使用)/身体のポイントに照射」
大まかに言えば、このような流れがあります。

 

現代はディンシャー・ガーダリーやテオ・ギンベルの影響を受け継ぎ、
・光源が「ペンライト」
・中医学や陰陽五行ともリンク
した「色光療法」が主流です。
インティライト、ルネッセント、ルマライト、オーラソーマのビーマライトペン、カラーパンクチャーなど「色光」をチャクラ、経絡、ツボなどに照射しトリートメントを施すカラーヒーリングです。

 


飲むカラーヒーリング

・古代インドのソラライズドウォーター(アーユルヴェーダ出典)
・エドウィン・バビットの太陽万能水
・類似品で1番完成品を入手しやすいのはハワイのソーラーブルーウォーターかな?

ガラス瓶と色つきセロファンで自作も出来ます☆→作成レシピはこちら

もう少し楽する?なら、カラーエッセンス

フラワーエッセンスと同じ原理で、各カラーのエネルギーが注入されています。
お茶などに入れてカラーのエネルギーをダイレクトに飲む手法ですね。

 


食べるカラーヒーリング

日光浴に続く古典的なカラーヒーリング。
わたし達が人口の彩色がない時代に生まれ・生きていたと考えれば、
「食べ物(自然)にはなぜこんなに多様な色があるのかな?」
「この色には何か意味(と言うか効能)があるのでは?」
と考えたのは想像に難くないですね。

【ちょっと色から離れますが…】

個人的には、わたしは風邪の引きはじめにオレンジジュースが飲みたくなります。
むしろ、オレンジジュースを飲みたくなったら、
「あ、風邪ひくかも」
と考えます。(風邪の自覚症状が出る前にオレンジジュースを欲するので)

女性は生理前にチョコなど甘いものを食べるとも言われていますよね。
あれは生理前に減少するセロトニンを、一時的に上げるのが糖分やチョコだからです。
でも多くの女性はそんな理屈を知らずとも、
「生理前は甘いモノ食べたい~」
と言ってますよね。

潜在意識は、自分に必要なものを自分で知ってるのです。

そう考えれば、必要な色の食べ物を・その色を必要な人が欲しても、なんら不思議はないのです。

環境の色

古代は「自然の配色」そのものがヒーリング作用を持っていました。
でも現代社会(特に都内)は、職場や家の窓から「自然の配色が見える・自然の色に癒される」理想を叶えるのは難しいですよね^^;

もちろん、自然の植物・花・鉱物などの「色」や「波動」を家の中に取り入れるのもアイディアの1つですし、現代流に「インテリアカラー」のカラーヒーリングを期待するのもいいですね。

ちなみに当校のトイレは藤色とスプリンググリーン。
本当はこの数年マイブームな「パープル&スプリンググリーン」にしたかったのですが、「サンゲツのカタログにないと取り寄せに時間がかかったりして、気軽に壁の色を楽しめません^^;

ペインティング

【ボディペインティング】

石器時代より人類は「肌を彩色」する文化を持っています。死者の再生復活を願ったり、死者の魂から自分たち生者を守護したりといった呪術的使用法から、同族間のサインとしての「色」など肌を彩色することは特別な意味を持っていました。

現代では簡単な道具でボディペインティングを楽しめます。(が、数日で落ちるモノとは言えど日本ではお仕事の都合上不具合が生じる場合も…)

ヘナ、グリッタータトゥなど楽しんでみてもいいですし、ネイルと組み合わせても良いですよね。

【ペインティング】

彩色壁画の歴史はクロマニョン人からスタートです。→旧石器時代の色「ラスコー展」

現代は様々なアート手法がありますので、塗り絵・パステル・水彩などアートセラピー要素も取り入れながら楽しんで頂ければ一層のヒーリング効果を感じることができるかもしれません。

当校の仏画体験WSでも、やはり彩色の時は皆さま、
「楽しい~」
とおっしゃっていただいております。

このように、かつてのシャーマニズム~自然の色や光の治癒は、現代は多種多様な手法で応用できます。
これらを「組み合わせる」のが、カラーセラピーの楽しいところでもあるのです^^

 

【関連記事】
■カラーセラピーとは~色の診断・色の処方

 

spform1

東京のカラーセラピーサロン&スクールWHITE-TARA

広告