カラーセラピストにおすすめの本-よくあるご質問

こちらもご質問が多い「お薦め本」。

古~いアメブロ記事(2012年10月11月)をコピペしておりますので、もう廃版になっている本もあるかもしれませんが(Amazonのリンクも切れてるはず)、当校講座内でお見せしている本も多く紹介しておりますので、一応ご参考にどうぞ☆

元記事はこちら「おすすめ本・その1」color&life chika@white-tara

当時は特に「文字少な目・写真が多めの本」リクエストが多かったので、まずは写真多め&比較的初心者向けの本のご紹介です。

| 写真からイメージを広げられるカラーセラピー・カラーヒーリングの本

カラーヒーリング―健康と幸福をもたらす光と色/サンシナジー
¥2,940
Amazon.co.jp

レッド~バイオレット、ターコイズ、ブラウンとホワイト&ブラックの象徴と「色の意味」が掲載されていますが、おそらく当校にある中で1番「字が少ない」ような気がします。

ヒーリング手法としてはインテリアからカラーブリージングまで網羅されています。
ちなみに橋本代表、この著者であるサイモン&スー・リリー両氏と、海外のなんか(忘れた)のseminarでご一緒したそうな。

 

実用カラーヒーリング―色の持つ力を知り、心と身体を至福の状態に導く方法/産調出版
¥2,940
Amazon.co.jp

こちらはレッド~バイオレット、ターコイズ、ゴールド&シルバー、グレイの他にティントorシェードでの意味の違いも載っています。
とはいえ、これをそのままカラーセラピーのペールカラーやディープカラーに適応出来るかと言えば微妙ですが。カラーヒーリングに関しては、環境色からクロモテラピーまで幅広く網羅されています。

 

カラーセラピー/産調出版
¥1,785
Amazon.co.jp

1次色、2次色、無彩色の区分けで色彩象徴&カラーワードが掲載されています。
カラーヒーリングではなくシンボルとして、「風水」「占星術」「宝石」と色の象徴が掲載。個人的には、セラピストさんが1冊買うなら、まずは1番お勧めな気がします。

 

ちなみに、センセーションカラーセラピーテキストの1番最後に英文ページがありますよね。
当校にフォローアップに来られたセラピストさん方がよく、
「このページも、説明受けてないです…」
とおっしゃるのですが、センセーションのヒーリングカラーを導いた後は、
最後に重要な「ヒーリング手法の提案」をしなくてはなりません。
その「色の処方」で参考にして頂くため、「カラーヒーリング手法/クリムタ・ムース著@カラーセラピー」が紹介されております。
(大体上の2つの書籍に類する内容~古来よりあるカラーヒーリング手法~が提案されております。

 

史上最強カラー図解 色彩心理のすべてがわかる本/ナツメ社
¥1,680
Amazon.co.jp

こちらは初心者向けの色彩心理本です。

古代太陽信仰から、現代「色彩心理」まで、シャーマニズム、心理学、精神分析、色の象徴性、カラーヒーリングまですべてが掲載されています。史上最強・・かどうかは置いておいて(笑)、
ざっくり全体
を知るならお勧めです。
ここから興味を持ったところを深めて行けばいいかと思います。

色、特に「カラーセラピーの成り立ち・歴史」を考えればテオ・ギンベルは読んでおいた方が良いと思うのですが、「総論」エドウィン・バビットの流れでお見せしてる時に、ご興味ある方は出版社などひかえていますので一応、外しました。
色光療法~クロモテラピー履修生の方は持ってた方が良いですよ)

あと、開き直って「写真も字も多い本」であれば、
「色彩学習貴重図説」
も持ってても良いかも。
シャーマニズムからゲーテ、マンセル・オストワルトまで網羅した「色彩史」の本です。

 


 

| カラーセラピーで使用される「色の意味」のルーツ~色彩象徴学の本

お次は字が多めの「色彩象徴」系。わたしが愛してるのは城一夫先生。
元記事はこちら「おすすめ本・その2」color&life chika@white-tara

 

色の知識―名画の色・歴史の色・国の色/青幻舎

¥2,415
Amazon.co.jp

他の本は今アマゾンにないらしいです(※2012年当時)。「色の知識」は一押しとは言えないのですが唯一表紙を掲載できます^^;

・色彩博物館 明現社

・色彩の宇宙誌 明現社

この2冊は、総括的に色の文化史を網羅している本です。

 

色彩のアルケオロジー/勁草書房
¥2,940
Amazon.co.jp

小町谷先生も多くの書籍を出版しておりますが、読みやすいのはこれかな?

「西洋」「東洋(日本)」で区分けされた出版物は多いので、「東西の解釈・象徴の相違」と言った切り口から学ぶのも面白いです。日本の色彩象徴は、英国発カラーセラピーではそんなに使用しませんが、東西の相違を知ることで、深まる理解もありますので^^

色で読む中世ヨーロッパ (講談社選書メチエ)/講談社

¥1,785
Amazon.co.jp
歴史にみる「日本の色」/PHP研究所
¥1,890
Amazon.co.jp

で、上でご紹介したような本で概要を掴んだら、この先は「出典」に進むことになります。

上記の本は「色彩象徴~各国の宗教・伝説・思想」を元に説明されておりますので、

「聖書では・・」「リグヴェーダでは・・」「シェイクスピアでは・・」「源氏物語では・・」

と多種多様な引用元が紹介されています。

概要を深めて色の解釈を広げたい方は、あとはもうご自身が興味ある分野の出典へと進んでください。

(色は「人類の文化史」「究極の雑学」ですから☆) 

いずれ最新版のおすすめ本を紹介したいと思いますが、とりあえずこれで☆

リュッシャーカラーテストの書籍に関してはこちらで説明しております。

 

 

 

 

 

 

 

spform1
東京のカラーセラピーサロン&スクールWHITE-TARA

広告