色光療法~ルネッセントとインティライト

クロモテラピーは日本語では「色光療法」。
チャクラ・経絡・ツボなどに色光を照射し、心身のバランスを是正するセラピーです。
 

 

人類は原始より、健康や生命を維持するためには「太陽光」が必要であると知っていました。
健康法として、生命の源である太陽の光を日光浴や太陽水で積極的に体内に取り込む手法は古代から行われていました。

長い長い時代~光源が日光しかなかった時代は、「全身に太陽光を浴びる」手法しかありませんでした。

19世紀になり「大判板ガラス」が普及し始めると、窓に色ガラスをはめ込み「色を通した太陽光を浴びる」手法が登場します。
更に、光源として「電球」が普及すると、日光浴は「電球を用いたボックス装置」に変わりました。

ボックス装置の登場により、
光源)太陽→電球
色)小さな色ガラス→大判板ガラス→装置に設置するカラーフィルター
浴びる部位)全身→ピンポイントな部位
と変化を遂げた色光療法。現代では「ボックス型」より更に小さく、
・クライアントに必要なさまざまな色を用い
・クライアントに必要な部位(患部・チャクラ・経絡など)に色光を照射する
「ペンライト型」が主流になっています。

 

振り返れば「日光浴」を起点とした非常に古い歴史を持つナチュラルヒーリングなのです。

——————————————————————————–

・色光療法~ルネッセント&インティライト養成講座はこちら
——————————————————————————–

チャクラに色光を照射したのはエドウィン・バビットが最初ですが、現代ではこの装置が更に小さくペンライト型になり、経絡やツボにまで照射できるようになりました。

インティライトとルネッセント

インティライトとルネッセント

【インティライトとルネッセントの違いは?】

ご質問をよく頂きますが、クロモセラピーは大きく分けて「接触型」と「非接触型」に分かれます。

非接触型クロモテラピー

先端がフィルター使用のクロモセラピーは「非接触型」と呼ばれます。

色光療法・インティライト

離していても光が届きます。

光の照射範囲が広いので、「先端を対象物に接触させず」トリートメント可能です。
※ゆえに、顔…フェイストリートメントやアニマルトリートメントにも適しています。
※広範囲に照射しますので、チャクラ・経絡・ツボなどのトリートメントが楽です。

 

接触型クロモテラピー

先端がクリスタルやジェムのクロモセラピーは「接触型」と呼ばれます。

離していると、光が全く届きません

対象物と距離があると光が届きません


 
 

フィルターに比べると光の照射範囲が狭いので、先端を「対象物に接触させ」てトリートメントします。
※顔や動物には適しておりません。
※ただしミネラルを通過した光は、フィルター装着時よりも深く身体に浸透すると言われています。また、「光と色」のみではなく「クリスタル(ジェム)」のヒーリングパワーも取り込むことになります。
 
 

ルネッセント

このように「接触」させて使用するのが「接触型」

 

ルネッセントの先端はクリスタルですので「接触型」。ゆえに講座内容にフェイスやアニマルはありません。


 

インティライトは先端をフィルターorジェムに取り換えが出来ますので、「接触型」「非接触型」双方に対応可能です。
※ゆえに講座内容にフェイス&アニマルも入ります。
※ただし、取り換え用ジェムまで購入するとツール代はそれなりの価格になります。

あとは用途に合わせてお選びいただければと思います。
 

 
 


 

【よくある質問】
Q.受講前にセッションを受けたいのですが
個人セッションメニューがございます。当校HP「個人セッション」にてご確認の上、コースをお選びください。(ライトセラピーはコラボセッション8,000円のみのご案内です)

Q.説明会は開催していますか?
無料・有料説明会がございます。
無料説明会/セッションなし:20分ほど。有料説明会/ショートセッションつき:1,000円。
開講講座の種類が多い為、全て個別対応になります。
「ご希望システム」「ご希望日時を数候補」「無料or有料」を当校までお知らせください。

Q.セラピストやティーチャー取得後、かかる費用(更新料など)はありますか?
A.ありません。

Q.ツール(ライトトーチ)のみを買いたいのですが…
A.ライトセラピートーチは履修生のみの販売となっております。

 

 


spform1
東京のカラーセラピーサロン&スクールWHITE-TARA

広告