2015年カラーセラピスト勉強会「色の意味の構成」


2015年カラーセラピスト勉強会は「色の意味の構成」です。(名前が固すぎるので改名するかも^^;

東京・品川のカラーセラピーサロン&スクールWHITE-TARA
——————————————————————————–●

カラーセラピーで使用する「色の意味」のルーツは多様に飛んでおりまして、
・色配分(1次色・2次色・3次色)
・連想物
・象徴性
・チャクラ
など、様々な要素が絡み合って色彩言語が出来上がっています。

これらは互いに相関しているので、明確な区分け・線引きは出来ません。
(出来ないからこそ、色の固有のイメージ~意味~があるとも言えます)

——————————————————————————–
・カラーセラピスト勉強会開催日時などはこちら 
・フォローアップご希望の方はこちら(他校修了生も歓迎しております)
——————————————————————————–

例えばVIOLETは2次色ですから、「レッド1/2・ブルー1/2」の要素を持っています。
・レッドは「火」「能動」「男性性」「現実」
・ブルーは「水」「受容」「女性性」「精神性」
この相反する真逆の質を1/2ずつ持っているからこそ、バイオレットは、
「両極のバランス」「中性」「両親」
などの意味を持ちます。
このシーソーバランスが良ければ「両極のバランスが良い」、バランスが悪ければ「葛藤を抱きやすい」色なのです。

色配分では「現実」のレッドと「精神性」のブルーを半々に持つバイオレットですが、一般的にもバイオレットは、
「高貴な」「精神性の高い」
などのイメージがある色です(もしくは「変人」?)。
もちろん、染料としても得難く、東西問わず聖職者や皇帝など「選ばれた人々」しか身に着けられなかった伝統と色彩象徴を強く持つ色です。

ただ、カラーセラピーの場合一般的な色彩象徴のみならず、「チャクラシンボル」も用います。
(色彩象徴だけで考えてしまうと、レッドも「高貴」な色なんですね~)
バイオレットは「第7チャクラ(クラウンチャクラ)」。
第1チャクラのレッド(現実)が「大地を踏みしめる足」ならば、そこから最も遠い「頭」のチャクラの色。 ゆえに、レッドを半分持ちながらも、バイオレットには「精神」「非現実性」に比重が強くかかります。

更にVIOLETの基本連想物は「夜空」です。
19世紀に室内灯が普及する以前の長い長い時間、「夜」や「夜空」が人類に与えた感情・感覚は、
「神秘」「分かりにくさ(難解な・隠れた)」「畏怖」「静寂」…
 「活力」「パワー」の「血」のレッドとは対極のものだったであろうことは想像しやすいですね。

このような「自然の色」と「人間の感情」の関わりが連綿と続いた結果、カラーセラピーの色の意味は成り立っているのです。

もしかしてこちらの方がわかりやすいかも「2015年カラーセラピスト勉強会」

連想物と色の意味の関連

基本連想物は、「色の意味」と密接にリンクしています。
「違いを出しにくい」
と、ご相談の多いパープル(インディゴ)とバイオレットも、
「深海」「宇宙」(パープルの連想物)と、「夜空」(バイオレットの連想物)ではどちらがより「深くて」「謎めいて」いますか?
より人の日常から遠いのはどちらでしょうか?
など、現代の視点ではなく、自然と人間が共存していた時代を振り返り、色を見れば、色の意味性のルーツが見えると思います。

2015年の講座では、基本連想物からの連想ワークも取り入れ、
・どのようにして色の意味が成り立ったのか?
・類似する色の共有される意味と違い
・一見異なる色にある、同じ意味の理由
など、色の意味のルーツと区分けをワークとシェアを通し理解頂き、活用する講座の予定です。

また、色配分を改めて学ぶことで、
「REDを1/3、BLUEを2/3持つPURPLE(INDIGO)」は?
「BLUEを1/3、REDを2/3持つROSE(MAGENTA」は?
など、3次色の「類似と相違」をご理解頂ければと思っております。
(特に色数が多いシステムを扱うティーチャーの方は、「3次色の微妙な相違」をどう説明するか?はとても重要です)

カラーセラピーグリーンの意味

イエローとブルー、質の異なる2色の2次色であるグリーン

とはいえ…資格取得直後や、セラピスト活動初期ではまず、
【代表的(覚えやすい・使いやすい)な色の意味】
で「各色のイメージを掴む」ことが大事です(笑)

レッドは「第1チャクラ」「現実」「パワー」「能動」「男性性」
グリーンは「第4チャクラ」「本当の自分」「バランス」「成長」
バイオレットは「第7チャクラ」「精神性」「理想」「自己実現」

など、あまり難しいことは考えずチャクラ順にイメージ付をし、それらのポジティブ・ネガティブや、OVER・BALANCE・UNDERを駆使できるようにしてくださいね☆

今年の講座は、

「その先に進みたい」「割と細かいことが気になるんです~」

というややマニアな方向けな気がします^^;(いや、マニアな方大歓迎です!)

 

 

 

 


spform1
東京のカラーセラピーサロン&スクールWHITE-TARA

広告