補色の読み解き方~カラーハーモニー

オーラライトカラーセラピー

補色の2層

センセーションカラーセラピーには「カラーハーモニー(補色)」の組み合わせがあります。
「補い合うよい組み合わせ」
ということで、センセーションカラーセラピーでは補色をポジティブ誘導するのです。
(補色の扱いは、システムにより、異なります)

センセーションカラーセラピー

セカンドがBLUE&ORANGEのカラーハーモニー(補色)

センセーションカラーサークル(色相環)における補色は、以下の通り。
●RED●GREEN
●ORANGE●BLUE
●YELLOW●VIOLET
●PURPLE●GOLD
●ROSE●SPRING-GREEN
10色5組の組み合わせがあります。(補色は各システムの「色相環」により変動します)

——————————————————————————-
・センセーションカラーセラピーセラピスト養成講座
・オーラライトカラーセラピーセラピスト養成講座
・フォローアップご希望の方はこちら(他校修了生も歓迎しております)

——————————————————————————–

各々の色の色彩言語を用い、「補い合う良い組み合わせ」として読み解くのが「センセーションカラーハーモニー」です。
(もちろん、このスキルはオーラライトやアヴァターラなどの2層組み合わせにも適応できます)
補色2色の「両方揃っていたら、バランスがいいな」と思う色彩言語を組み合わせれば良いのです。

※ベーシックな読み解き方は、当校の「チャクラバランス」のプリントをご確認くださいませ。

REDGREEN第1チャクラ(BODY)第4チャクラ(HEART)
肉体と心
行動力と気持ち
リーダーシップと協調性
猪突猛進とバランス

ORANGEBLUE第2チャクラ(EMOTION)第5チャクラ(MENTAL)
感情と精神性
外向と内向
友人と楽しむことと、1人で楽しむこと
体感することと、言葉で表現すること

YELLOWVIOLET第3チャクラ(MIND)第7チャクラ(SPIRITS)
意思と自己実現
個人と社会貢献
自己主張と熟考
理性と直感

PURPLEGOLD 第6チャクラ(INTUITION)第10チャクラ(ゴール)
直観と目標
洞察力と知恵
深い内省と自己評価
閃きと努力

ROSESPRING-GREEN第8チャクラ(成熟)第9チャクラ(新しいスタート)
成熟させることと、リ・スタート
収穫と創造性
他者への配慮と自由で無邪気な
全体性と絞り込み

※あくまでも例ですので、自分で考えてみましょう。

カラーハーモニーポイント)
自分で、「この2つが揃っていたら素敵だな」と思う言葉と言葉を繋げてみましょう。
例えばROSEで「収穫」しつつ、補色のS・GREENを補って「新しい何かを創造する」ことが出来れば、最高ですよね。
逆に、S・GREENの「生み出す力~創造性」に、ROSEの「収穫」を補えば、やはりバランスが良いです。

「何(どの色彩言語)」と「何(どの色彩言語)」を組み合わせると、補い合うか?

には正解がありません。
当然、ハーモニーカラーを選んだクライアントさんに響く色彩言語を用いなければ意味がありませんし、セラピスト個人のセンスもあります。
「カラーハーモニー~補い合うと良い組み合わせ」
という主旨を押さえ、色々な言語を使ってみてください。

2013年のカラーセラピスト勉強会では、1年を通し「補色で色彩言語を学び」、参加者の皆さまに「補色のワードの組み合わせ」を作って頂きましたが、わたし自身が思いつかないような言葉の組み合わせも多々ありました。
もちろん、セッションの場での「正解」はクライアントさんの心の中にあります。
でも、「正解」を導くために用いる、色彩言語のセレクトセンスは「セラピストの色の個人史・経験値」が反映されます。それが、セラピストの個性だし魅力なのです。(だから、カラーセラピーって面白いんですね)

 

2層セラピーシステム)
オーラライトやアヴァターラなど、2層ボトルを用いている方は、「上下」が補色の場合「組み合わせ」を考慮してセッションします。
センセーションのように、「良い組み合わせ」の枠はありませんので、補色は、

・+に作用すれば「両極のバランスが取れている」
・-に作用すれば「葛藤・お互いが足を引っ張り合う」組み合わせになります。

また、「どちらの色が上か?」で「優先するものがどちらの極か?」がわかります。
※このスキルを詳細に学ぶのはセカンドコースとなります。

センセーションカラーセラピー

セカンドがROSE&SPRING-GREENのカラーハーモニー(補色)

 

 

 

 

 


spform1
東京のカラーセラピーサロン&スクールWHITE-TARA

広告