【メルマガ】PURPLE(INDIGO)~色の言葉

最終更新:2014/6

 →カラーセラピーの色の意味と色彩象徴TOPパープル(インディゴ)の色彩象徴&色彩言語

WHITE-TARA COLOR通信Vol29

今年も半分に差し掛かりましたね・・皆さまいかがお過ごしでしょうか。

ではではPURPLEです。(INDIGOでもROYALBLUEでもいですけれど^^)
PURPLEと言えば「サードアイ」、そして「直観」の色ですが、とても大切なキーワードに

「ジャッジしない」

というものがあります。
かつて、人間が野外で暮らしていた時代、サードアイは

「自然の情報をキャッチしながら生きる」

という非常に重要な役目を担っていました。
いつの間にかわたし達の悩みは複雑になり、時代や環境で変わる常識にとらわれるようになり、

「ありのままの真実を見る」

ことを忘れるようになってしまいました。
PURPLEは、そんな現代人の、

「わたしが知っていること」

を思い出させる色です。

自分が何者で、どこへ行こうとしているのか。何を為そうとしているのか。

人生の方向性に迷ったら、使って頂けたらな、と思います^^

2012年6月1日

深い神秘のPURPLE

深い神秘のPURPLE

 

WHITE-TARA COLOR通信Vol40

さてPURPLEです。

ちょっと前回のBLUEに続きますが、BLUEで「信頼」と「受容」を手に入れたなら、次の段階では、PURPLEの「道」を探す必要が生まれます。

BLUEで、「生を受けた意味を信じる」

ことが出来たら、その意味を「どこで、どう使うか?」というテーマがやってくるのです。

PURPLEは「直観」の色。

「直観」は、第6チャクラまでに積み重ねられてきた経験や知識に裏打ちされた「総合的判断力」です。
左脳でも、右脳でもなく、瞬時に本質を見抜く目というのは、生来的に備わっている、生存本能に関わる「勘」とは異なり、

人生の中で蓄積された「(経験を含む)知恵」の上に生まれるもの。

ゆえに、PURPLEは

「知っている」

というキーワードを持ちます。

答えは、外ではなく中・・自分が積み重ねてきたものの中にあるのです。(カラーセラピーは、その「クライアントさんが、すでに知っていること」を引き出すものです。ゆえにセラピストには、「答えはあなたの中にある」という非干渉的スタンスが求められます)

また、パープルは「パワーパック」と呼ばれる色です。

深い場所にある「精神の力」であり、「源泉」の色。

このパワーを使うべき「道」を、「直観」を用いて定めるのが第6チャクラなのです。

2013年6月1日


WHITE-TARA COLOR通信Vol52

暑くて、夏が思いやられますね~^^;

インディゴです。
サードアイに相応するINDIGO(PURPLE・ROYALBLUE・LAPIS)は、
BLUEの意味が「より、深く」なり、「深淵に触れる」色です。

BLUEは「受容」の色。そして「言葉」による「コミュニケーション(インプット&アウトプット」の色ですが、
INDIGOは言語も、ロジックも、常識も越えた「深い部分にあるもの」を「受け取り(インプット)」ます。
これを、「洞察」や「直観」と表現しても良いのですが、
この「無形で深い情報」を「受け取る」には、
BLUEで培った「自他への信頼」が欠かせません。

INDIGOが受け取る情報は、事象の断片・表層から見抜いた「真実(全体性)」です。
「真実」は「ただそこに在る」もので、ロジックは不要です。
しかし、第1チャクラから積み上げてくる過程で、ロジックの重要さを学んでいるわたし達が、
ただ在る「真実」を「受け取り」、「信頼する」のは意外に難しいです。
物事には理由や理屈が必要だと、すでに刷り込まれて来ているからです。

ゆえに、INDIGOではBLUEより更に深い部分での「信頼」が試されます。
逆を言えば、INDIGOはロジックや常識を識る人が、それらを越えた深い部分で、
「自分の真実の道」(VIOLETの自己実現に向け、進むべき方向性)
を見出し、信頼し、動くからこそ意味があるのです。
(シンプルに言えば、「チャンスを掴む」ってことです^^)

2014年6月1日


spform1

東京のカラーセラピーサロン&スクールWHITE-TARA

広告