【メルマガ】GREEN~色の言葉

最終更新:2014/4

カラーセラピーの色の意味と色彩象徴TOPグリーンの色彩言語&色彩象徴はこちらをクリック

WHITE-TARA COLOR通信Vol27

4月ですね。
新しいスタートを切ったり、環境が変わった方もおいでかと思います。

GREENは天(BLUE)と地(YELLOW)の間の色。
ゆえに「理想と現実」や「自己と他者」・・相反するものが出会い、「境界線」を創る色です。

隔てるためではなく、「共存」「共有」するために必要なのが、「境界線」です。
天にも地にも偏らず、他者に惑わされず自己を譲りながら、

「中庸」を保ち、「成長」「繁殖」する。

この難しいテーマのために、自分の「ライン」「ボーダー」を意識してもよい時期かな、と思います。

2012年4月1日配信

伸び伸びと成長するGREEN

伸び伸びと成長するGREEN

WHITE-TARA COLOR通信Vol39

寒暖の差が激しい毎日ですが、大分春めいてきましたね^^
さてGREENです。
冬の後、春の季節は特に、緑の「生命力」を実感します。

勉強会などでお話を聞いていると、GREENは「平凡」「ありがち」と言ったキーワードが馴染み深いようですが、
実はGREENは「強烈な生命の力」・・補色のREDと近しい意味を持ちます。

冷たい大地の下から、天上に向け突き上がる力がGREENの「生命」です。
古代の人々は、ここにGREENの「再生(冥府より蘇る)のパワー」を見出しました。

地上に芽吹いたGREENは、やがては大地を覆うほど「繁殖」します。
GREENの「成長」であり、「伸び伸びと自由な」側面です。

この「繁殖」は、永遠に続くものではありません。秋が来て冬に至り、地上を覆う植物は一度は死に絶えたかに見えます。
しかし、春はまた大地を割り芽を出すのです。

繰り返される生命の循環と変化の中で、

「環境を受容しながらも、自分自身であり続ける」

これがGREENの「永遠」です。なのでGREENは「時間」の色でもあります。
変化と継続。GREENは両者の「バランス」の色なのです。

今、「変化を受け入れる事」、その中で「自分らしくあること」のバランスは取れていますか?

2013年4月1日配信


WHITE-TARA COLOR通信Vol50

早いですね~もう新年度が始まりました^^;

さてGREENです。
YELLOWでコア(核)を固めたチャクラバランス、次の段階では、
「ハート(本当の自分)」でありながらも、エゴにはならず「周囲と調和」するGREENのテーマが参ります。

GREENはYELLOWとBLUEの二次色です。
GREENの「調和とバランス」は、
YELLOWの「個人の確立」と、BLUEの「(自他を)ありのままに受け入れる」が融合したものなのです。

本当の自分(リアルセルフ)でありながら、エゴに偏らず、逆に譲り過ぎることもなく、
「中立」「中庸」を行くのが本来のGREENです。
それには、YELLOWのセンタリング・自己確立は欠かせませんし、
BLUEの、自己表現・受容性も欠かせません。
両者がのバランスが取れているGREENは、
「自分のど真ん中を進む~真実の自分の道」の色と言われます。

…確かに、これが出来たら「伸び伸びと繁殖・繁栄」出来そうです(笑)
問題は、ハート(本当に自分)に個性があるように、
「真実の自分の道」は、人それぞれに異なると言うこと。

ついついBLUEを強く出す~「他者の道を受け入れてしまう・合わせてしまう」のがGREENですが、
紆余曲折・優柔不断になりつつも、
ハートと向き合い、自分のど真ん中を探していただければと思います★

2014年4月1日配信


spform1

東京のカラーセラピーサロン&スクールWHITE-TARA

広告